話し合いから始める

医療訴訟を起こすその前に

人間なら誰でも病気や怪我をすることがあって、その時に病院にかかるのが一般的な行動だと思います。そして病院では時に手術や施術やトラブルがあり、そのことはテレビのニュースなどで分かっているのですが、実際のところ、自分や知り合いの身にふりかかってくる可能性を考えることはないのです。しかしながらそういったトラブルは起こしたくて起こすものではなく、最悪のタイミング、まさに運の悪さで起こってしまうものなのです。そしていざ自分が巻き込まれると不運を嘆くだけではなく、出来るだけの事情の説明や補償を求めるものです。これは当たり前の要求であり、叶えられない場合に医療訴訟を考えるのも、これもまた自然なことなのです。

まずは話し合いの場を持つこと

しかしながら医療訴訟に限らず訴訟というのは大変なもので、被害者であっても素人が太刀打ちできるものではなく、最低でも弁護士の存在が必要となってくるのです。それも医療訴訟の場合は医療関係に詳しい専門の弁護士がよく、そういった人は調べればしっかりと存在しているのですが、弁護士の人口の中でもそう多くはないので上手く依頼できるかどうかが難しいのです。そして無事に依頼できても、医療訴訟は必ずしも勝てる見込みがあるわけではなく、絶対と言えるのは決着がつくまで長い時間と費用がかかることで、それゆえ場合によっては弁護士に相談して別の形にするのもよく、しっかりと相談するのが大事になってくるのです。 訴訟は最後の砦として、他の手段も見付けたいものです。

医療訴訟を相談するには熱意のある人に

近年は、医療が高度に複雑化しており、医師や医療機関に求められる責任は増しています。患者側も内容についての理解が不足したままリスクの高い医療を受けてしまい、時に、医師および医療機関のミスによって損害を被る事もあります。医療事故やトラブルは可能な限り、起こさないようにするのが望ましいのですが、医療的介在を開始する前のインフォームド。コンセントも大切であり、実際に医療事故やトラブルが生じた際も医療機関側の患者への説明が重要です。医療事故の疑いを持ったら、ある程度のメモを残しておく事も要します。弁護士にアプローチする方法として、知人の紹介や電話帳から調べる方法や、弁護士会の紹介、無料法律相談等が挙げられます。但し、医療訴訟となると、医療過誤事件は立証が難しく、医師の協力も仰ぐといった医学的知見に基づいた調査を進めるので特殊で困難な作業を要します。また医療訴訟の特殊性を踏まえて、積極的で協力医等医学的な専門知識を持ち、様々な情報を得るネットワークを有し、相談者の話をきちんと聞いてくれて、質問にも丁寧に答えてくれて、客観的な私見を交えて、意思疎通がスムーズに行える話しやすい弁護士を選ぶ事が大切です。

医療トラブルへの対処がいかに重要であるかという事を認識できる弁護士が必要とされます

医療訴訟は、ほかの一般民事事件と比べると、事件の収束まではより長時間を要し、困難を極める事が多いとされます。従来において、医療訴訟に携わる弁護士は、患者側専門と医療側専門という分業がなされて、それぞれの立場に立った主張を行ってきました。最近では敢えてどちらからでも相談を受けて、受任したクライアントの為に適切な医療の実現をめざして全力を尽くすという立場をとっている医療訴訟弁護士も増えてきました。医療過誤事件に特化して取り組む弁護士らによって構成される全国各地にある研究会を通して相談を申し込む事もできます。依頼人の経済状況に配慮して、着手金を分割払いにすることや、割賦も極めて難しい人は、法律扶助協会に費用の立替を依頼する措置も取られるので、費用の支払いについて心配な点があれば、弁護士に相談してみる事も一考と言えます。