様々ケースを考える

まずは速やかに弁護士へ

医療の現場においては、事故などあってはならないと考える人も居るでしょう。 しかし現実問題として、人間がやることに完璧などあり得ないのです。 もちろん医療従事者が日々完璧を目指して努力していることは、患者側の私達にとっても疑う必要の無いことでしょう。 ですが、万が一医療事故に遭遇してしまった場合の事を知っておく必要もまたあるのです。 もし私達が医療事故に遭遇した場合、まず必要なのは弁護士への相談です。 何故なら私達は普段患者としてしか医療に接してないため、問題が発生した時その本質を見極める事も対応の仕方も知らないからです。 特にその問題が医療訴訟を必要とする場合などには、速やかな証拠保全などが求められる事になります。

とにかく相談することが大事です

まずは弁護士に相談するとは言いましたが、どこでも良いと言う訳ではありません。 弁護士にはそれぞれ得意とする分野があるので、医療訴訟に強い弁護士を選んで探す必要があります。 これは現在ではインターネットを使う事で容易に探す事が可能なので、医療訴訟や弁護士などのキーワードで探してみてください。 そして弁護士を探す際に、医療訴訟の患者側の勝訴率が低いと言った情報も断片的に入ってくる事と思います。 この情報で弁護士を探す事を諦めずに、是非無料相談の枠だけでも相談する事を勧めます。 何故ならばこの勝訴率というものには、重大な情報が抜け落ちているからです。 それは医療訴訟の際患者側に有利な場合には、そもそも法廷で争わず示談で解決を見ることが多いからです。 この事も弁護士と話をすればきちんと説明してもらえる事なので、まずは相談から始めましょう。